矯正歯科

診療前に知りたいこと

矯正治療とは

矯正治療とは

出っ歯、受け口、八重歯、すきっ歯など歯並びの悪さがコンプレックスになり、人とのコミュニケーションに苦痛を感じているという方はいらっしゃいませんか?

口元を手で隠したりせず会話を楽しみ、思いきり笑えたらどんなに気分がいいでしょう。
そのようなコンプレックスをお持ちの方にお勧めしたいのが、矯正治療です。

矯正治療は、矯正装置を歯に装着し、数ヵ月から数年かけて歯並びを改善してきれいに整える治療法です。

口元の審美性が改善されることでコンプレックスから解放され、治療前よりも活発にコミュニケーションを取れるようになったり、積極的に人前に出られるようになったりと、精神面でプラスに作用するという大きなメリットがあります。

しかし、歯並びをきれいにするメリットはそれだけではありません。歯が本来果たすべき「噛む」「話す」などの口腔機能や、全身の不調の改善も行なえるのです。

歯並びの悪さが及ぼす影響

ではなぜ、歯並びが悪いといけないのでしょうか。
歯並びの悪さは審美性が損なわれるだけでなく、以下のように全身にさまざまな悪影響を及ぼします。

  • ・歯がデコボコしていて歯ブラシが届きにくく、磨き残しができて虫歯や歯周病になる
  • ・息が漏れたり、舌の動きが制限されたりして、発音が不明瞭になる
  • ・噛み合わせが悪く、食べ物の咀嚼が十分にできないため、消化器官に負担をかける
  • ・成長期の場合、顎が正常に成長しなかったり、発育不足になる
  • ・全身の姿勢のバランスが崩れ、頭痛、肩こり、腰痛、不定愁訴などを引き起こす
  • ・悪歯並びの悪さがコンプレックスになり、精神的ストレスになる

矯正治療でこれらを改善して、お口だけでなく全身の健康を取り戻しましょう。
治療をご検討の方は、お気軽にご相談ください。

矯正治療の流れと期間

矯正治療の流れ

初診相談

Step.1 初診相談 患者様の歯並びに関するお悩みやご質問をお伺いします。
その後、お口の中を拝見したうえで、患者様に適した治療についてご説明します。

なお、初診相談は費用をいただかずに行なっています。
治療期間や費用などについて不安やご不明なことがありましたら、どのような些細なことでも結構ですのでお気軽にお話ください。

精密検査

Step.2 精密検査 お口の状態を把握するため、虫歯や歯周病の検査、レントゲン撮影や歯型採取を行ないます。

治療法や治療期間・治療費の目安などを患者様ご本人にご説明し(お子様の場合はご家族の方にもご説明し)、ご納得いただけましたら治療を開始します。

診断

Step.3 診断 コンピューター解析による精密検査の結果を元に診断し、患者様に適した治療計画を立案します。その後、装置の種類などの詳細をご説明します。

治療前処置

Step.4 治療前処置 虫歯や歯周病がある場合、そのまま矯正治療を始めるとさらに悪化させ、治療が滞る可能性が出てしまいます。

そのため、先にこれらを治療してお口の中を健康な状態にしてから矯正治療を開始します。
また、必要に応じて抜歯することもあるので、ご了承くださ
い。

矯正治療開始

Step.5 矯正治療開始 装置を装着します。装着期間は約2~3年で、その間は月1回来院していただき、経過を観察します。

同時に歯磨き指導や歯石除去も行ない、虫歯や歯周病を予防します。

保定・メンテナンス

Step.6 保定・メンテナンス 歯が目標としていた位置まで動いたら、装置を外します。
装置を外した後そのままにすると、歯は元の位置に後戻りしてしまいます。それを防ぐためにリテーナー(保定装置)を装着します。

リテーナーは取り外し可能ですが、食事と歯磨きのとき以外は装着したままにしましょう。

矯正治療の期間

矯正治療の期間は、患者様のお口の状態、治療方法や使用する矯正装置、抜歯・外科手術の有無などよって異なります。
以下の治療期間はあくまで目安なので、詳細は歯科医師にご確認ください。

成人矯正 2~3年程度
スピード矯正
(成人対象)
6ヶ月~1年程度
小児矯正 1~2年程度
部分矯正 3~6ヶ月

矯正治装置の種類

ホワイトブラケット

ホワイトブラケット

ブラケットがセラミック(白色の陶材)製のため、金属製のメタルブラケットより目立たず、審美性に優れています。

強度はメタルブラケットに劣りますが、治療期間はメタルブラケットと大差ありません。

セラミックブラケット(インビュー)

従来のセラミックブラケットに比べて、ブラケットが薄く小さいので、装着時の違和感が軽減されます。透明感のある黄味がかった白色なので歯になじみ、ワイヤー部分も白いため目立ちません。

治療期間はメタルブラケットと大差ありません。

インビザライン(マウスピース矯正)

インビザライン(マウスピース矯正)

コンピューターを用いて作製した、薄いプラスチック製のマウスピースを約2週間ごと交換し、徐々に歯を動かしていきます。

透明なので、装着していても他の人からはほとんどわかりません。取り外しできるので、矯正治療中にホワイトニングを行なうことも可能です。

金属を使用しない装置なので、金属アレルギーの方も安心して治療できます。

クリアアライナー(マウスピース矯正)

インビザライン同様、透明で薄いプラスチック製のマウスピース型装置です。
インビザラインより薄く目立ちませんが、その都度歯型を作製するので、手間がかかります。

インコグニート(裏側矯正)

インコグニート(裏側矯正)

ブラケットを歯の裏側に装着します。

そのため、舌が当たって会話や発音がしにくくなりますが、表側からは装置がほとんど見えないので、人に気づかれずに治療を行なうことができます。

デーモンシステム

ワイヤーをブラケットに固定させず、最小限の力で歯を動かす装置です。そのため、歯に負担をかけずに歯列を拡大でき、治療期間も短縮されます。
ブラケットの半分がセラミック製なので、金属製のメタルブラケットより目立たず、審美性に優れています。

リテーナー(保定装置)

リテーナー(保定装置)

歯の移動が完了して装置を外した後、そのままにすると後戻りによって歯が元に戻ってしまいます。それを防ぐために装着するものです。

医療費控除

医療費控除について

医療費控除は、医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、1月1日から12月31日までの間に、本人または生計を同じくする配偶者やその他親族の医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けられる制度です。

ただし、年間支払った医療費が10万円以上でなければ対象となりません。
矯正治療は保険適用外の自費診療ですが、『医療費控除』を受けることができます。
控除される金額は以下の計算で求めることができます。

医療費控除について

医療費控除の対象となる治療費の例

■例1 歯科治療は自由診療などで治療費が高額になることがありますが、一般的な水準を著しく超えるとされた特殊なものは、医療費控除の対象になりません。
金やポーセレンなど歯科材料として一般的に使用されているものを使用した治療の費用は、医療費控除の対象となります。

■例2 発育段階にあるお子様の将来の健康を考慮して行なう矯正治療のように、矯正治療を受ける方の治療目的や年齢などから見て歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象となります。
ただし、審美性の改善を目的とした治療費は、医療費控除の対象になりません。

■例3

治療のための通院費も医療費控除の対象になります。お子様の通院に付き添った方の交通費も通院費に含まれます。ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代などは、医療費控除の対象になりません。
申請時にスムーズに記載できるよう、通院した日と費用を記録しておくようにしましょう。

医療費控除を受けるための手続き

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を、所轄税務署長にご提出ください。
領収書など医療費の支出を証明する書類は、確定申告書に添付または提出時にご提示ください。
給与所得のある方は、源泉徴収票の原本も添付してください。
医療費控除についての詳細は、国税庁のHPをご覧ください。

医療費控除の期限

医療費控除は、5年前までさかのぼっての申請することができます。
矯正治療を受けたにもかかわらず申請していなかった方や、矯正治療費が医療費控除の対象となることを知らなかった方でも、5年以内の治療費であれば受け付けてもらえます。

医療費控除を受ける場合の注意事項

治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費が控除の対象となります。
健康保険組合などから補填される金額がある場合には、補填の対象となる医療費から差し引いてください。
診療予約 初診の方
診療予約 当院へかかったことがある方
診療案内 医院情報
小手指アイル歯科・矯正歯科
  • 【所在地】
    〒359-1141
    埼玉県所沢市小手指町1-8-1
    イトーヨーカドー2F
  • 【診療科目】
    一般歯科、矯正歯科、小児歯科、 予防歯科、インプラント・口腔外科、 審美歯科・ホワイトニング
  • 【診療時間】
    平日
    AM10:00~PM1:30
    PM3:00~PM9:00
    土曜・日曜・祝日
    AM10:00~PM1:30
    PM3:00~PM7:00
  • 【電話番号】
    04-2921-7711
Q&A
ページTOPへ